ハードディスクの修理を請け負う業者|仕事で使う重要データ

IT
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上で利用する機能

クラウド

これまで、大事なデータのバックアップを取るのはサーバー用のパソコンや外付けハードディスクを使用するのが一般的でした。上記の方法は大容量のファイルを保存することができ、2重のミラーリングバックアップなど活用することができるので非常に有効的な手段の1つだといえます。ですが、企業内部で数台の機器を導入する場合は多額のコストが発生してしまうデメリットがあるのです。高度情報化社会と呼ばれる現代においてパソコンという電子機器は仕事を進める上で必要不可欠なツールになりつつあります。大事なパソコンに入っているデータを低コストで守りたい場合はクラウド技術をうまく活用したバックアップサービスが効果的なのです。
クラウドは企業内部にバックアップ機器を導入しないサービスなので、地震や津波など予期せぬ自然災害にも強いというメリットを持っています。また、月額27000円という安いコストで運用を開始できるので企業のコスト削減にも繋げることができるのです。1部のバックアップではなく、安い費用で全データのフルバックアップを作成できるというのがクラウドの大きなメリットともいえます。自社での運用コストが実際にどれぐらい掛かるが気になる担当者は、クラウドバックアップを提供しているサービスの公式webサイトにて見積もりシュミレーションを使ってみると良いでしょう。容量の変更やその他のサービスをシュミレーションで追加することによって細かい運用コストを事前に把握することができるのです。